What's new?

買取のシステムは商材が違っていても基本的には共通しています

世の中には、不要になったものを買取してくれるお店がたくさんあります。ゲームソフトやDVD、書籍、さらには貴金属のアクセサリーや自動車といった高価なものまで、さまざまなジャンルの買取ショップが存在します。扱うものが違うだけにそのシステムもそれぞれ異なるように見えますが、根本的にはどれも同じような仕組みから成り立っています。そのためシステムの理解さえすれば、他では扱っていない商品を買取るといった新ビジネスを始めることも可能です。

買取のシステムは、利用者が持ち込んだものを査定し、代金を支払って買取したものを、何らかのルートで売りさばくのが基本です。初めの査定の場面では、物の価値を正しく査定することが求められます。

安く仕入れることができれば得をしますが、利用者も他店で査定を行なって相場を知っているので、査定が低すぎると他へ行かれてしまいます。逆に高く査定し過ぎると利幅が小さくなってしまいます。相場を熟知し、正しく品定めすることが大事です。

利用者から買取したものについては、店舗で在庫として抱えることになります。在庫数が多くなるほど品揃えを良くできますが、保管するスペースも必要になる点には注意が必要です。

売れそうにないものを多く確保するのは避け、人気商品の在庫を充実させるのがコツです。買取した商品は、売れることで初めて利益となります。利益を重視したいからと高値を付けてしまうと、お客に避けられ商品が売れません。他店の動向や相場を確認しながら、お客が買いたくなるような値付けを心がけます。

店舗の評判を良くするためにも、利益を最小化したセールを行うのも効果的です。

その反対に、需要が見込まれる商品については利益を狙いに行くことも可能です。人気アイテムやシーズンによって売れる商品があるので、市場動向を正しく把握しておきます。これら買取のシステムについてポイントを押さえておけば、買取ショップを軌道に乗せることができます。しかし何もかも初めてという方には難しいかもしれません。そんな方は、買取店のフランチャイズを活用するとノウハウを教えてもらえるので安心です。